ダーツのプロになるのには5万円で十分 な理由

さっさとプロになる

 

プロになるためにはどれくらいの金額が必要なんだろう?

ダーツは金がかかるからやめろって彼女に言われちゃった。

 

ダーツにはお金がかからない理由を解説していきますね!

このページでわかること
  • さばがプロテストのために使った道具と費用
  • ダーツのプロテストに合格のために最低限必要な金額と内訳

 

 

 

スポンサーリンク

実際に私がプロ試験合格にかけた費用

いかに安くプロになるか。

 

人が持っているお金は有限です。

趣味に沢山のお金を費やすことが幸せな人もいるとは思いますが、そんな人も、お金が最低限で済めば嬉しいと思います。

 

このページで、お金がかからないことを実感していただければと思います。

 

以下に紹介するのは、私がプロを取得までにかけた全てです!

 

ダーツボード:グランボードダーツ(設置含む)35360円

 

設置には、式のポールを使用する必要はありません。最安で設置し、浮いたお金は親孝行に使いましょう!

 

マイダーツ:rising sun 4.0 15800円

ダーツ バレル ターゲット ライジングサン G5 975 ノーグルーヴ 20.2g タングステン97.5% 村松治樹選手 (RISING SUN)

 

  

消耗品 5000円程度

シャフト(サイズ:5)

チップ

フライト

 

合計:5000円程度

  

プロテスト費用

実技が3000円、筆記が3000円かかりました。

 

全合計:62160円!!!

いやいや、5万円超えとるやん!!!

 

 

さばよりも安くできる理由

これ以上に安くできるんです!

 

今考えると、もっと安くできたって後悔してます…。

今思い返すと、こんなにお金を払ったことを後悔しています。

 

ここからは、もっと安くできる理由と根拠を説明していきます。

 

 

ダーツボードは絶対買う!

家にダーツボードがあれば、課金は必要なく、生活のスキマ時間に投げることができます。

おすすめは上の2つです。詳しくは下のページで解説していますので、読んでみてください。

 

マイダーツも絶対に買う!

created by Rinker
¥8,349 (2024/07/22 04:02:05時点 楽天市場調べ-詳細)
ダーツ バレル ターゲット ライジングサン G5 975 ノーグルーヴ 20.2g タングステン97.5% 村松治樹選手 (RISING SUN)

 

マイダーツも絶対に買いましょう。何でもいいですが、おすすめは上の2つです。

理由は、ノーグルーブバレルだからです。

金額は高いものを出したい!と思っていなければ無空をおすすめします。なぜなら安くて、質が良いからです!

なぜノーグルーブがいいのか、に関しては下のページで解説していますので、読んでみてください。

 

消耗品は、コスパよく購入せよ!

フライト

トッププロも最終的にこれを使いたい!

ダーツは上手くなるほどグルーピングが良くなり、ダーツどうしが接触します。

そのため小さいフライトを使得るようになれば、自分のダーツに弾かれることがなくなります。

最初からこれを調整できるようになるのがオススメです。

 

シャフト

created by Rinker
¥9,240 (2024/07/22 01:10:38時点 楽天市場調べ-詳細)

僕は一番上の安いものを使用していました!

けど、折れちゃう…。

 

  • 最終的に支出を抑えたい人
  • コロコロセッティングを変えたくない人
  • 後ろ重心のほうがいいと思う人

これらに当てはまる人は下のチタンをおすすめします。カーボンも折れる時は折れます。ジュラルミンは高いためチタンがおすすめです。

 

チップ

【メール便OK】ダーツ チップ【エルスタイル×モンスター】リップポイント No.5 50pcs [ティップ No.5専用] Lippoint (あす楽対応)

一番コスパがいいものを選びましょう。

 

まじでダーツをやっていると、一番壊れるのがこの部分です!これが本物の消耗品です!

そのため、一番コスパがいいものを買いましょう!一番コスパがいいものが上に載せているものになります。

しっかり、No.52BAどちらかを確認して買いましょう!

 

プロテストは10000円以下で大丈夫!

perfectのテストを受けると仮定し、10000円としておきます。JAPANはもっと少ないです!

プロテストの違い、に関しては下のページで解説していますので、読んでみてください

 

まとめ

最後に復習しましょう!

このページのまとめ

プロダーツプレーヤーになるための費用を最安で抑える方法!

  • ダーツボード 27280円
  • マイダーツ 9000円
  • 消耗品 5000円
  • プロテスト 10000円

これだけで道具などは十分!

 

 

次に見みてほしいページ

自分の家にボードって買う必要ってあるのかな?

どうしても家投げって必要なの?

 

上手くなるのには、家投げを絶対にするべきです!

その理由を下のページで解説していきますね!

 

さば

大学院在学中にダーツに目覚め、ダーツ歴一年未満でプロテストを合格。

プロ招待制の大会などで上位入賞の経歴あり。

その経験より「誰でも1年でダーツプロになる方法」をテーマに発信活動に従事。

さっさとプロになる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
Focus on Bullseye

コメント

タイトルとURLをコピーしました